酵素とアミノ酸の関係とは?

最近では酵素ダイエットが流行っていますね。これは酵素をドリンクやサプリメントで補給し、ダイエットを行う方法です。

 

ではなぜ酵素を摂取するとダイエットになるのでしょうか。まず酵素について、正確に理解してる人は少ないのではないでしょうか。

 

酵素とは潜在酵素と食物酵素に分けられます。潜在酵素とは動植物が潜在的に有しているもので、一生涯に有している数が決まっている酵素です。

 

そして潜在酵素は、我々が毎日食べる食物を消化分解し、吸収してくれる消化酵素、新陳代謝を向上させたり、免疫力を上げてくれる代謝酵素と、大きく分けることができます。

 

対して食物酵素は体の外にある酵素。これは生の食品や発酵食品に含まれており、それらをほかの食べ物と食べると消化を助けてくれます。

 

このように酵素は人体にとって大変重要な働きをしてくれるものとなっています。これらの酵素の中でダイエットで重要になるのは代謝酵素です。

 

しかし代謝酵素と消化酵素では消化酵素の方が優先的に増加される仕組みになっており、暴飲暴食を繰り返すと、消化酵素に重点が振られ代謝酵素が減ってしまうのです。

 

酵素ダイエットは食事を酵素ドリンクやサプリメントに代えることで代謝酵素の減少を防ぎ、また体内酵素を温存することを目的としているのです。

 

ではその酵素は何によって作られているのでしょうか。答えはタンパク質です。そしてそのタンパク質は20種類のアミノ酸が組み合わさり、構成されています。

 

酵素にとってアミノ酸は元になるもので、これがなければ酵素はできません。そしてアミノ酸はタンパク質を酵素によって分解されることでできる成分です。

 

アミノ酸がなければ酵素は出来ず、酵素がなければアミノ酸は作られない。このようにアミノ酸と酵素は深いつながりを持っています。

 

酵素は年齢をとるごとに減っていく物質です。酵素はダイエットだけでなく健康のためにも取っておくべき物質です。